神様はつらい?泊め男の困難

泊め男になるために必要なのは資金

泊め男になりたいなら、必ず費用は用意できるようにしておきましょう。最初に厳しいことを言うようですが、無料で肉体関係に持っていくのはまず無理です。相当な淫乱かビッチ、尻軽女じゃなければ落とすことはできないでしょう。そのため、予算はある程度用意しておくことが必要となります。

感覚的には1万円~3万円ほどが一般的です。ただ、相手によって求める金額とかも違ってくるので、多めに用意して5万円はあった方が良いでしょう。もちろん、こればかりは正解というものがないので、予算は相手と決めていくのも良いです。相手が求めている予算の内容を理解しておけば、間違いなく安心して楽しむこともできるようになります。

泊め男に必要な予算

泊め男には、必要となる予算が多々あります。出会い系サイトや恋愛アプリなどの利用料、ホテル代、食事代、様々な支援のためのお小遣いなどなど、その経費はバカになりません。とても大きいですし、人によっては風俗やキャバクラとそこまで大差がないくらいにかかってしまうこともあります。そこは、事前に用意しておくようにしましょう。

ちなみに、風俗は一般的に見て1万円~3万円ほど必要となります。高い店だと5万円、安い店だと1万円以下で楽しむこともできるかもしれません。それらの費用と比べると、意外と神待ちも風俗もそこまで変わらないと言えるでしょう。ただ、神待ちの場合は素人の相手とプレイできるという点があるので、プロを選ぶのかどうかによっても違ってきます。

知っておきたい肉体的リスク

泊め男には肉体的リスクもあります。それは性病ですね。性病というのは、本当にさまざまなものがあります。特に神待ちをしている女性などは、結構な確率で性病を持っていることもありますからね。その点は十分に注意しておいた方が良いのではないでしょうか。もちろん、すべての女性が性病を持っているとは言えません。しかし、感染してからでは遅いです。

一度性病になると治らないこともありますし、軽度のものでも治療費がかかってしまいます。無駄な出費を増やさないためにも、肉体関係を持つ場合はコンドームなどの避妊具を必ず使用するようにしてください。そうすることで、性病などは未然に防ぐことも可能となります。

知っておきたい社会的リスク

泊め男の場合は、自宅に宿泊させることもあるかもしれません。ホテルの場合は心配無用なのですが、自宅に宿泊させる場合は個人情報の流出などを懸念しておくことが必要となります。自宅の場所が完全にバレてしまうので、そこから何かトラブルや問題が発生する可能性もないとは言えません。そこはしっかり考えて対策をしておきたいです。

信用できるまでは自宅に泊めるのではなく、ホテルに泊めるというのが良いかもしれません。ホテル代をケチりたいというのもわかりますが、相手が信用できる人でなければ自宅を晒すのは危険です。最初のアポの時には、必ずホテルを利用するようにするなど、しっかりと対策を進めていくことが重要となります。